群馬県の農産物

なす

なす

群馬県では豊かな日照時間を活かし、露地栽培に加えビニールハウスでの栽培も盛んなため、3月〜11月という長い期間出荷されています。
夏のなすは水分たっぷりでみずみずしく、秋のなすは果肉がギュッと詰まり滑らかな味わいです。

選び方

皮の色が濃く、ツヤと張りがあるもの、実はふっくらとしてずっしりと重みのあるものが良いでしょう。
ヘタの色が黒く、トゲが痛いくらいのものは新鮮な証拠です。

栄養効果

皮の紫色にはアントシアニン系のナスニンという抗酸化成分ポリフェノールが含まれており、活性酸素を消す働きが、動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があると言われています。